神棚

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

みなさんのおうちには神棚はありますか?

小さい頃、祖父母の家に行くと神棚があり、
私にとって、神棚はとても馴染みの深いものでした。

祖母が信心深い人で、
よく神社仏閣に連れて行かれました。
今、神社巡りは大ブームですが、子供によく出かけたので
神社仏閣に行くことはごく普通のことでした。

祖父母が亡くなっても、思い出は残りました。
良い思い出になっているので、子供にも伝えたくて、
小さい頃から旅行と絡めて、よく神社仏閣に
出かけたものです。

そのうちに家にも神棚がほしいと思うようになりました。

うちはフリーランスの仕事をしていますので、
神棚はあったほうがいいと考えまして、
昨年つくりました。

(*「壁に穴をあけちゃった!どうする?」を
ご覧くださいませ。)

神棚はつくったら、おしまいではないのです。

中におさめるお札は1年に一度は新しく変えなければなりませんし、
榊も飾らなくてはなりません。
(榊は非常に大切なもので、かかさないようにしたいものです。)

うちでは、お札は剣祓をまつっています。

(*剣祓とはこのようなお札です。
こちらをご覧くださいませ。)

毎年、年が明けて春までには、伊勢神宮にでかけて
新しいお札をいただいてまいります。

そして、1年無事に過ごせるのですから、
神様を信じることはとても大切なことだなと
実感しています。

これは、祖父母からとりいれ、子供にめぐらせたものとなりました☆

1日1捨て☆本日の捨てたもの■ 60~61/365 タオル&シャンプー
  
昨年の1日1捨てでは、捨てるものがなくなるとタオルを捨てました。
今年は本当にボロボロになったタオルを捨てるようになり、
1日1捨てがうまく進んでいます。
タオルはそのまま細かくカットして、台所の汚れ拭きとして活用。
シャンプーは塩浴をするため、あまり使用しなくなり、
家人に使ってもらってなくなり、容器を処分することになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク