展覧会へ行ってみよッ☆

こんにちは。

冷えとりインテリアコーディネーターの風茜です。

美術館、博物館などにおでかけになることはありますか?

実は、国立系は子供は無料です。

(無料のうちに連れていくと、美術好きになるかも。
末はアーティストか!(笑)という親の野望もアリです。)

最近では、日本の施設も写真撮影が許可されるようになってきました。

こちらは、東京国立博物館の「仁和寺と御室派のみほとけ展」(2018年3月11日まで)の写真撮影許可のコーナー。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらは、国立新美術館の「至上の印象派展ービューレコレクション」(2018年5月7日まで)の写真撮影許可のコーナーの「睡蓮」。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こんなふうに会場で写真が仏像や名画とともに
写真が撮れるんですよ。

日本も体験型アートに変わりつつあるようです。

こういう施設で写真をとってはいけなかった理由には、

  • 保存のため(フラッシュなどの光は作品を傷めます。海外でも撮影を許可されていてもフラッシュは厳禁です。)
  • 著作権保護(作者の死後50年は著作権が守られます。国によっては70年、100年とあります。)
  • 所有者の許可がおりないため(主に所有をめぐって争っていることが多いです)

これらがすべて解決しないと勝手に写真にとることはできなかったのです。

こんなふうにアートと写真をとることができたら
もっとアートを身近に感じることができますよね!

アートをもっと身近に感じてしまいましょう♡

取り入れ、めぐらせ、捨てるの取り入れるでした。

1日1捨て☆本日の捨てたもの■ 49/365 ストラップ
 
家にたくさんある謎のストラップ。
汚れてきたものを処分することにしました。
それにしてもたくさんあります!
スポンサーリンク
スポンサーリンク