マキタとダイソンを使い分ける

こんにちは。

インテリアコーディネーターの風茜です。

あ☆カル〜イインテリアへようこそ!

みなさんのおうちには、掃除機はいくつありますか?

うちはダイソンひとつだけ。

ダイソンは、故障してもメンテナンスがしっかりしているので、新しいものを買い換えることもなくなりました。

メンテナンスしては使い、壊れてはメンテナンス。

ダイソンは吸引力もとても強いので、すごくきれいに掃除できます。

なんの悩みもないのですが、ただ重いことだけがいやでした。

出し入れがいやになるくらいの重さです。

うちで使用しているダイソンは、最新モデルの何バージョンも前のものなので、重いのです。

だから、出し入れがおっくう。

出し入れがおっくうだと、ものって使わなくなるのです。

そこで、すぐ出し入れできるインテリア仲間で評判のマキタの掃除機をポイントがたまったのでゲットしました。

(*マキタの掃除機については、こちらをご覧下さいませ。)

こちらは、軽いのですぐ出し入れできるので、しょっちゅう使います。

でも、ダイソンに比べると吸引力が・・・

いまひとつなんです。

そんな場合は、ずばり使い分けです。

汚れはないほうがいいので、こまめにマキタで掃除。

そして、ラグやじゅうたんなどの汚れが目立ってきたら、吸引力が必要なダイソンを使用する。

いずれは、吸引力もよく、軽いものひとつにしたいです!

でも、ダイソンはなかなか壊れません。

壊れない限り、大事に使い分けて使用していきたいと思います。

あ☆カル〜イインテリアでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク