ホテルのインテリア

こんにちは。

インテリアコーディネーターの風茜です。

あ☆カル〜イインテリアへようこそ!

ホテルに泊まった時、なぜだか落ち着きませんか?

すっきりとしていて、シンプルで素敵な空間。

なかなかホテルに泊まる機会がなくなってきましたが、泊まるときには、話題になっているホテルに泊まって、どんなインテリアなのか、観察します。

ずっと泊まってみたかったプレミアムホテル門司港

設計:アルド・ロッシ
内装:内田繁
施工期間:1997~1998年

イタリア人の設計なので、とても話題になったホテルです。

エントランスを入ると、舞台空間のような演出。

レセプションはモノトーンの床と白いソファ。

日本のホテルでこんなふうなインテリアにすると、けばけばしてしまいがちですが、さすがイタリア人!

シンプルモダンです。

モノトーンが白いソファでひきしめられて、上品さを感じられます。

お部屋はこんな感じ。

窓枠、ベットのヘッドボード、机などは深緑に統一されています。
写真では黒く見えてしまいますが、絵のフレームも深い緑です。

→→→

イタリアといえば、デザインの国ですが、意外に住居は白い大理石が使用され、シンプルモダン。

あまりカラフルではないのです。

部屋のカラーは緑なら緑に統一されています。

ホテルが素敵に感じるのは、シンプルで無駄なものがないからなんです。

おうちも真似してみると、とても快適に過ごせますね。

ホテルのインテリアは、SR(ショールーム)と同様に、とても参考になるので、宿泊の際はぜひ話題になっているホテルに泊まってみましょう。

あ☆カル〜イインテリアでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク