たてものを見に行こう☆自由学園明日館

こんにちは。

インテリアコーディネーターの風茜です。

インテリア専門学校に通っていた時に、

「お店や、たてものをインテリアの勉強のためにたくさん観に行くように」

ということで、ランチは外食が推奨され、
授業での建物見学には、「江戸東京たてもの園」や
東京都庭園美術館に出かけました。

江戸東京たてもの園には、「千と千尋の神隠し」の
モデルとなった子宝湯もあり、楽しめます。

東京都庭園美術館は、旧朝香宮邸を美術館として利用し、
アール・デコ(幾何学)のインテリアを見ることができます。

たてものは意外にインテリアの参考になりますので、
出かけて見ると楽しいものです。

私のオススメは、自由学園明日館。

羽仁もと子夫妻の学校で有名な自由学園ですが、
フランク・ロイド・ライトの建築です。

建物の内部は、直線が多く用いられています。

ライトは自然と調和することに重きをおいていたようですが、明日館のインテリアは直線を多く使用しているので、私には幾何学的な冷たい感じがしてしまいますが、色がキレイなので可愛らしい感じに仕上がっています。

たとえば、窓枠はこのような感じです。

ちょっと可愛い感じがしますよね!

こちらは大谷石が、アプローチ、内部廊下、上記の写真の窓枠の下、暖炉などに使用されています。

大谷石のぼこぼことした感じに光線が当たると、
さまざまな光を作り出し温かみをだしているようにも感じます。

入場料を払えば、見学可能です。

池袋から近いので、ぜひご覧くださいね。

たてもののインテリアは、みるだけでもとても勉強になりますよ!

取り入れ、めぐらせ、捨てるの取り入れるでした。

1日1捨て☆本日の捨てたもの■ 23/365  破れた靴下

土用の毒出し期間には、消化器の毒が足から出るので、
靴下がよく破けます。
この間も破けたばかりなのに、夫と子供の靴下が破けました。
夫も子供も、消化器や腎臓が悪いと破ける部分が次から次へと破けました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク