壁紙で広くみえるように

こんにちは。

冷えとりインテリアコーディネーターの風茜です。

私のおうちは狭い空間です。

3人で55㎡に暮らしています。

子供が小さい頃にはそれでも全然構わなかったのですが、
すくすくと154センチまでに
成長した子供と夫の3人では手狭です。

じゃあ、引っ越そう!

なんて、簡単にできればいいのですが、
なかなかそういうわけにもいきません。

また、すぐいなくなるかもしれない子供のことを考え、
歳をとってから暮らすのはこの空間で問題ないからです。

そこで、今日の提案。

狭い空間を広く見せるには?

ひとつは、鏡をおいて空間を広く感じさせることでしたね。

(*詳細につきましては、
Small spaces~マジック☆ミラー」をご覧下さいませ。)

今日のご提案は、だまし絵的な壁紙をはる、です。

たとえば、私のうちのリビングは狭いので、
風景のような壁紙をはっています。

 

高層ビルの窓からみたような風景の壁紙をはると、
なんとなく景色が広がる感覚になり、狭さも気になりません。

また、廊下には窓がないので、
これも外の景色のような壁紙をはりました。

 

明るい空が広がる壁紙で、
鳥がいるのでこちらも空間を感じさせてくれます。

すると、圧迫感を感じないのです。

壁紙は白というお家も多いかと思いますが、
このように景色の壁紙を使うと、
空間が錯覚で広く感じられるようになりますので、
ぜひお試しいただきたいです☆

取り入れ,めぐらせ、捨てるの取り入れるでした。

1日1捨て☆本日の捨てたもの■ 62/365 サンプル品
   
昔は化粧品や健康食品サンプルをもらうと、
得した気分でうれしかったのですが、冷えがとれてきて、
食べ過ぎをやめたり、化粧をしなくなったのでもう必要なくなりました。
それでも、勝手に送られてきちゃうものは、
せっかくいただいても使用しないので、捨てることになってしまいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク