Small spaces~狭い空間

こんにちは。

冷えとりインテリアコーディネーターの風茜です🍃

さてさて、うちは家族3人で55㎡の空間に暮らしております。

子供が小さい頃は、さほどその狭さも気になりませんでした。

ところが、小さかった子供ももう150センチを超える大きさに成長。

圧迫感があります。

でも、引っ越そうという気持ちにはなりません。

あとひと部屋あればなあ・・・

という気持ちが工夫を生み出します。

掃除をして、いらないものは処分して、ものを新陳代謝させないと、すぐにものでいっぱいになります。

これは、入れたら、巡らせ、捨てるという冷えとりと同じこと。

◯基本的に紙ゴミはすぐに捨てる。(郵便、プリント類など)

◯本は、読んだら、捨てるか売るか、寄付する。

◯食材は、ストックを買わない。

(紙や布には、悪い気がつきやすいので、長くとっておくのはやめましょう。)

狭い空間に住んでいますと、ものの管理がよくできるようになり、
無駄な買い物をしなくなりました。

それに、片付けていないと、
すぐにスペースがなくなりますので、
とにかく即座に決断して捨てられるようにもなってきました。

いつか使うかも・・・

もったいないから・・・・

今使わないものは永遠に使わないのです。

思い切って、小さい空間のために処分することをお勧めいたします。

処分できるようになるには、一日一捨てをお勧めいたします。

冷えとりの基本「取り入れ、めぐらせ、捨てる」は、
こんなふうに衣食住にも生かされているんです♡

1日1捨て☆本日の捨てたもの■ 34/365  なんとなくかわいい缶

紅茶の缶は、かわいいのでなんとなくとっておきましたが、
結局は使わないので、今年は思い切って捨てることに!
スポンサーリンク
スポンサーリンク