VSホコリ② 道具があれば・・・

こんにちは。

インテリアコーディネーターの風茜です。

あ☆カル〜イインテリアへようこそ!

以前、埃についてブログを書きました。(*詳細につきましては、「VSホコリ」をご覧くださいませ。)

生きていると(誰もいない留守宅でも)、ホコリはすぐにたまりますよね・・・

特に、電化製品のあるところのホコリは本当によくたまります。

このホコリですが、掃除しないと大変なことが起こります。

ダニがわくのです。

それだけでも怖いですが、ダニは人を刺してきますので、かゆみがハンパないです。

不潔なお宅に宿泊すると、ダニに刺されることもあります。

うちでは、子供がアトピーなので、特にホコリには気をつけています。

そうは言っても、たまりゆくホコリ・・・

気軽にお掃除できればいいんだけど・・・

そう思っていたら、職場でキムワイプというものがあることを知りました。

日本製紙クレシア キムワイプ S-200 200枚入

価格:155円
(2017/8/31 23:11時点)
感想(31件)

キムワイプ

理系の方にはおなじみのキムワイプ。

キムワイプとは理系の世界では、実験用具を清掃するときに使うものであり、パルプくずがつきません。(実験には誤差があると正確ではなくなるので、ホコリがつかないことはとても大切なことなんですね☆)

このため、キムワイプは理系の方にとても愛され、絶大な信頼があるものです。

私は、文系でしたので、全くこのキムワイプの存在を知りませんでした。

職場の理系の方から、

「水に溶けないから、台所の油汚れふきにもいいよ」

「メガネの汚れふきにはキムワイプが最適」

「マニュキュア落としにも使いやすい」

などと、聞き、使ってみたところ、本当に使い勝手がよかったです。

13センチ四方の箱に、約12センチ(縦)✖️21.5センチ(横)の紙が200枚ほど入って、一箱あたり265円程度(6箱単位でアマゾンで販売しています)

これが、本当によくホコリがとれるのです。

特に窓ガラスや鏡などの手垢が、けばがつかずに、綺麗に取れます!

道具があれば・・・・

こまめに掃除もやりやすくなりますよね!

もちろん、わざわざお金を出してそんなものを揃えたくない方は、服を購入したときに入れてくれる不織布や、いらなくなったTシャツを細かく切ってウエスとして使っても良いかと思います。

もちろん、街で無料でもらうテッシュなら、もったいなくありませんよね?

とにかく、気軽にできることをやることが、ホコリをためないコツです。

あ☆カル〜イインテリアでした☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク