掃除の達人

インテリアコーディネーターの風茜です。

あ☆カル〜イ インテリアへようこそ。

前回のお話で職場の断捨離について、書かせていただきました。

私の職場には、なんと、掃除の達人がやってきたのです!

前任者がものを捨てられない人の上に、ものを拾ってくる人でした。

(詳しくは前回のブログをご覧くださいませ。こちらです。)

その方が退職されて、ものの整理をすることになりましたが、あまりにものが多すぎてどうするべきか途方に暮れていたところ・・・

新しく異動があり、やってきた方は、断捨離が上手な方でした。

その人の指示にしたがって、私も職場の断捨離を進めることひと月。

とてもとても勉強になりました。

何と言っても即決です。

迷いがありません。

こんまりさんのトキめく?ときめかない?

どころではなく、

気持ち悪い=即捨て

これはとてもわかりやすかったです。

ものを捨てる時は全部入っているものも出します。

そしてたくさん空間を作る。

空いたところはぎゅうぎゅうに詰めない。

冷えとりでいうと、入れない(食べない)、巡らせ(使用できるものは使用する)、捨てる(入ってくる以上に捨てる)。

これは、ものがどこにあるかわかりやすい上に、ものを活用できますから、巡らせてもいますよね。

そして、目からウロコなこともありました。

それは、室内にあるものでも埃がかぶるので、年に一度は埃を取ったり、洗ったりすることでした。

ちょっと気がつきませんでした。

棚などは設置したら、ずっとあり続けるものだと思っていましたから。

早速見習って、家のファイルボックスの引き出しを洗ってみたいと思います!

掃除が苦手な方は、できる人と一緒に作業をするのもいいかもしれませんよ。

掃除や片付けができる人は、決断力もあるので仕事もとてもよくできます。

人生は常に決断なんですね!

いろいろ勉強になりました。

あ☆カル〜イ インテリアでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク