お金とインテリア

こんにちは。

冷えとりインテリアコーディネーターの風茜です。

今日はインテリアを整えるために少し必要なお金の話。

素敵な家具を買いたいと思った時に、まず必要なのはお金。

お金がないから、とりあえず適当にカラーボックスか何かで、収納の用品だけでも、そろえちゃおうか?

これはダメです。

結局合わなくて、また買い換えることになります。
(処分するときにも同じくらい料金がかかる場合もありますよ)

本当に必要で欲しいものが現れるまで耐えてみてください。

例えば、私はソファが欲しかったのですが、1年間買わずに検討しました。

そして決断し、購入を決め、そこから納品までさらに半年待ちました。

決めるまでは、ショールームにも何軒も行き、
ソファの座り心地を試すために、
一つのソファに30分座り続けたりしました。

家では、床に座って生活する不便な生活を1年半送りました。
(体育座りでテレビを観ていました)

でも、家の幅に合わせてオーダーしたので、ソファはぴったりとリビングに収まり、見た目が美しく、とても気分は良いです。

IMG_1184

壁と壁の間に合わせて作ったソファ

今は、IKEAという低価格でおしゃれなものもたくさん提供してくれるブランドもあります。

IKEAのものは自分で組み立てれば、かなりお得な品物です。

自分で組み立てるということは、寸法もきちんと採寸しますし、愛着も湧きますよね?

無駄もありません。

ものを大事にと思うと、恩返しのようなことも起こります。

このソファを購入した時は、私たち夫婦はDVD映画鑑賞が趣味なので、
長く座ってもお尻が痛くない、固い素材のソファを探しました。

ようやく見つけ、金額は高かったのですが、決断して購入した時に、
なぜか頼みもしていない共布のクッションを
半額でいかがでしょうか?と
お店の方から勧められました。

どうやら、先方の家具職人さんがこのソファを購入する人は
きっとお揃いの皮で作ったクッションもオーダーするだろう
ということで先走って作ってしまわれたようなのです。

当時の私たちにはクッションにそんな額は出せないとお断りしました。

すると、お店の人から、さらに低価格でいいからと提案され、最終的には購入することになりました。

嘘みたいな値段でした😅

このクッションをソファからの贈り物と私たちは呼んでいます。

このように本当に欲しいものにお金を使うと、回り回ってさらにいいことが起こるのです。

本当に起こりますよ💕

取り寄せ、めぐらせ、捨てるのめぐらせるでした。

1日1捨て☆本日の捨てたもの■ 13/365  ペンケース

このペンケースはROCという化粧品のおまけでもらったものでしたが、
セルロイド柄が気に入って、30年使い続けていました。
さすがに上部が破れてしまったので、さようならすることに。
スポンサーリンク
スポンサーリンク