ロイヤルコペンハーゲン

こんにちは。

冷えとりインテリアコーディネーターの風茜です。

私は、ロイヤルコペンハーゲンの白い磁器に
青の絵の具で描かれた花模様が好きで、
こちらの食器を愛用していました。

あまりに好きすぎて、普段使いもしています。

↑  ↑  ↑

こちらは、24歳で結婚した時に
大学の友人がお金を集めて、
有志数名でプレゼントしてくれたものです。

もったいなくてなかなか使えず、
知らない間に廃盤になってしまい、
2度と購入できなくなりました。
(さらにもったいなくて使えなくなりました。)

このころのロイヤルコペンハーゲンの食器はとても高価だったのです。

模様はすべて手書き。

ひとつひとつのカップの裏にもこんなことが描かれていました。

左は廃盤になったカップで8049分の10と
手書きで描かれています。
番号がすべて手書きでした。
右が現在のカップです。
現在は、ロット番号の手書きは一部です。

ロイヤルコペンハーゲンの器は、
今でもひとつひとつ色や柄が違うんですよ。

濃いブルーが好きな人は濃い色を選べますし、
薄いブルーが好きな人は薄い色を選ぶことができます。

こちらのコーヒーカップとデミタスカップも廃盤です。

右の器は白磁ではなく、うすいブルーがかったもので、
ロイヤルコペンハーゲンにしてはとても珍しいもの。

ロイヤルコペンハーゲンでは、
カップが割れてしまったり、
ソーサーがかけてしまったりしたら、
それだけ購入することができるんです。

壊してしまっても、
ソーサーやカップだけを購入できると思えば、
普段づかいも安心してできますね。

普段でもいいものを使うとテンションがあがります!

取り入れ、めぐらせ、捨てるの取り入れでした。

1日1捨て☆本日の捨てたもの ■101/365  ぬいぐるみ

 

人形やぬいぐるみは処分に困ります。
とくに人形は人の形をしているため、
寺で供養してくれるところをネットで見つけて、
お焚き上げをお願いしていました。
あるとき、捨てるときに感謝して、
「塩をふって、顔の部分を紙で巻いて、
他のものと一緒に捨てれば大丈夫。」と、
勧められている方の言葉を読んで、今回はその方法で
処分しました。
本当に今までありがとう♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク