倉庫あるいは納戸の断捨離

こんにちは。

インテリアコーディネーターの風茜です。

あ☆カル〜イインテリアへようこそ!

さてさて、一日1捨てで私の捨て熱に火がつきまして、ついにずっと見て見ぬ振りをしてきた、うちの倉庫の断捨離をすることに決めました。

年末に、とても素晴らしい本を読みました。

う〜ん、一週間で8割を捨てるのは、ちと難しいかもしれませんが、こういう本を読むと、なぜか、

やるぞ!

と、発奮させられます。

(この本は、具体的に捨てるべきものや、何をどのように捨てるべきかを教えてくれるので、なるほど〜と目からウロコでした。成功する捨て方の指南書です☆)

そして、ついに私が長年見て見ぬふりをしてきた倉庫(納戸)の整理をする決意をしたのです。

倉庫(納戸)は、物置となっています。

捨てるのを後回しにしているだけで、いらないものだらけなのに、

いつか使うかもしれない(いや、そんな日はありませんでした・・・)

と、思って捨てないものだらけ・・・

倉庫のbefore

10年前に引っ越してきた時のままのダンボールがそのまま入っています・・・💦

これを全出し。(片付けでは全出しが鉄則ですね)

ものを全部出す

片付けてみたら、脇の部分に棚もつけられることを知りました・・・・(今までは隠れていて見えなかった💧)

ダンボールから、ものをどんどん出すと、探していたものが次々と見つかったり、捨ててしまったものの部品が大事にとってあったりしたことがわかりました。

捨てたものは、↑↑↑↑↑

●ダンボール五箱。

●テレビを固定する金具(そのテレビはデジタル化のためにすでに買い替えで廃棄している)

●子供の水遊び道具(小さくなった浮き輪、プール、ボート)

●夫の趣味の資料のファイル(もう今は興味がないので一生見ない)

そして空いた場所に出したものをわかりやすく並べてみました。

after

見てください!!!

これで、何がどこにあるのかが、すぐにわかりますね!

実はまだ捨てられなかったものもありました。

・結婚式のビデオ(もう再生するデッキがないけれど、なんとなく捨てられない)

・夫の資料(捨てていいのかと聞くと、捨てないでと言われる)

・自分の嫌いな時代の写真アルバム(思い出だから)

・今まで使用していたパソコン(一体どうしたら?メーカーに言えばいいのかしら?)

上記のものはまた見なかったことにして、しまってしまいましたが、次回の検討となります。

でも、捨ててスッキリしました。

何よりも、決断できる自分に惚れ惚れ。

少しずつでも決断しましょう。

爽やかな気持ちになれますよ。

あ☆カル〜イインテリアでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク